<

h4>

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、「引越しの荷解きに時間がかかる。素早く終わらせるコツはないの?」と困っていませんか?

  • 足の踏み場がない部屋。荷解き作業が進まない!
  • どのダンボールから荷解きすればいい?
  • 片付けても片付けても荷解きが終わらないのはなぜ?

これらの悩みを元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

足の踏み場がない部屋。荷解き作業が進まない!

引越し荷物を運び込んだら、まず家具を所定の位置に配置し、ダンボールを各部屋に分けて運び込むと荷解きのスペースが生まれます。荷物がいっぱいの部屋で荷解きをしても効率が悪いだけです。

最初に大きめの家具や荷物を所定の位置に配置する

大型家電や家具などは引越し業者が置き場所に運んでくれますが、まだ置き場所が決まっていない家具などはとりあえず置けそうな場所に運び込まれます。

小さめの本棚、カラーボックス、整理棚、リビングテーブル、これらの家具が荷解きをするスペースを奪っているなら、まずは所定の位置を決めて配置してしまいましょう。

また、スムーズに家具を配置するためには、大型家具だけでなく小型の家具についても「どこに何を置くか?」を事前に決めておくと良いでしょう。

家具の位置を決めてしまうと、部屋がスッキリして荷解きのスペースが生まれます。こうするだけで「よし!ダンボールを広げて荷物を出すぞ!」とやる気も出てくるものです。

位置が決まっていない家具を配置することから始めるのがコツ!

どのダンボールから荷解きすればいい?

引越し当日から使うものが入っているダンボールから荷解きします。こうしておくと必要なものを探しに行く手間が省け、荷解き作業がスムーズに進みます。その次は使わずに奥にしまうものを荷解きします。

荷解きをしながら使いたいものを探す時間がもったいない!

ダンボールの荷解き作業はとても時間がかかります。途中で「お昼食べようか?」「とりあえずお風呂に入ろうか?」と休憩を挟むことがありますが、その時に使うものを出しておかないと探さなければならずとても不便です。

【引越し当日にすぐ使うもの】

  • 調理器具
  • 洗面道具
  • トイレ用品
  • 着替え・パジャマ

引越し当日から使う可能性のあるものは、すぐに出せるようにダンボールに中身を書いておきましょう。

すぐ使うものが入ったダンボールを最初に荷解きするのがコツ!

次に荷解きするのはクローゼットや押入れの奥に片付ける物

すぐに使うものを荷解きしたら、その次は普段あまり使わずにクローゼットや押入れの奥に片付けてしまうものを荷解きしましょう。

本来ならクローゼットの手前に片付けたいものを先に荷解きしてしまうと、なかなかクローゼットに収納できずに荷物が散乱したままになります。

奥に入れるものからどんどん荷解きして片付けていけば、荷物があっという間にクローゼットに収まるのです。

ダンボールを仕分けして各部屋に運んだら、ダンボールの表書きを確認して奥にしまうものから番号を書いておくとわかりやすくなりますよ。

各部屋の荷物はクローゼットの奥にしまい込むものから荷解きするのがコツ!

片付けても片付けても荷解きが終わらないのはなぜ?

荷解きに時間がかかるのは、一度にいくつものダンボールを開けて片付けようとするためです。ダンボールは1つ1つ開梱し、荷物の位置を決めながら片付けていくと素早く作業が進みます。

一気に片付けたい!その気持ちが裏目に出てしまう

部屋に大量に積まれたダンボールを見ると「全部開けて一気に片付けちゃおう!」と思うものです。しかしその気持ちが裏目に出るってご存知ですか?

ダンボールの中身は種類ごとに分けて梱包されているはずです。それなのに全部開けて片付けようとすれば、違う種類のものが混ざり合ってしまい「どこに何を片付けよう?」と頭が混乱して時間がかかります。

荷解きを素早くしたいなら「一箇所にとどまって片付ける」のが一番!いくつもの荷物を手に持って、部屋をあちこち移動しながら片付けるのは要領が悪すぎます。

「このダンボールはここの棚」「こっちのダンボールはクローゼットの引き出し」と場所を決めてあまり動かずに片付けをすれば荷解きにそれほど時間がかからないのです。

一箇所にとどまってあまり動かずに荷解き作業をするのがコツ!

ダンボールを1つずつ開梱するとスムーズに片付く

ダンボールを各部屋ごとに仕分けしたとしても、全部開梱して片付けようとするのはやめましょう。

すべての荷物を目にしてしまうと「あれとこれの置き場所を変えようかな?」と思うことがあり、荷解きにとても時間がかかるのです。

ダンボールは1つずつ開梱し、中身を空にしていくイメージで所定の場所に片付けていきます。こうしておくと次のダンボールを片付けるときには、自然と空いているスペースに収納することになるので細かいことを考えなくて済むのです。

大量にある荷物の置き場所を一度に全部考えるのは不可能です。少しずつダンボールを開梱し、先に取り出した荷物から優先的に配置していくようにしたほうが効率よく片付けが進みます。

ダンボールは1つずつ開梱して片付けていくのがコツ!

焦らずに作業するのが荷解きを素早くするコツ!

引越しの荷物を片付けようと思うとどうしても焦ってしまいますよね。次の日から仕事や学校があると「今日一日で全部ダンボールを開けちゃおう!」と安易に考えてしまうものです。

しかし、引越しの大量な荷物を一日で片付けるのは不可能だと言えます。その荷物を全て部屋に広げれば歩く場所どころか寝る場所さえも確保できなくなります。

荷解きを素早くしたいなら、焦らないのが一番!焦れば焦るほどどんどん嫌になり、片付かない部屋で何日間も過ごすことになります。

「荷物を片付けるのにどうすれば効率が良いか?」ここが分かっていれば、作業に集中できるので余分な時間がかかりません。早速頭の中で荷物に関する情報を整理し、荷解きに取り掛かりましょう。

次にこちらの荷造りに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら