引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

引っ越しでかさばる荷物と言えば「布団類」です。1人ならまだしも家族がいると布団の数も多くなり、かなり手間がかかります。そのため今回は「布団引っ越しのコツ」をまとめてみました。準備すべきものや梱包の仕方、運搬時の注意まで布団の引っ越しに関するいろいろをご紹介します。

まずはお布団引越しの準備をしよう

「布団袋」を用意して

自宅の布団枚数やサイズに合う枚数の布団袋を用意しましょう。
業者で引越しならば業者から提供がありますが、自分で引越しする場合は自分で用意しなければなりません。市販されているビニール袋はサイズが合わないため、専用の布団袋が必要です。

布団袋はホームセンターやECショップで気軽に手に入ります。業者から提供されるような不織布製もあれば、チャックが付いているものもあります。新居ですぐに使うならば500円前後で価格が安いものでもいいですが、使わずに保管するならばすこし値段が高いものを用意しましょう。その方が袋がしっかりして収納・保管がしやすいです。1~2000円程度で購入できます。

布団袋はメーカーによってサイズや収納枚数が違います。特にダブルサイズは幅が長いため、ダブルサイズ用の布団袋を用意するといいでしょう。また布団と一緒に使う折りたたみマットレスも布団袋に入れて引越します。マットレスも忘れずにカウントしてください。

「圧縮袋」でコンパクトにまとめても

かさばる場合は圧縮袋を使うとよりコンパクトに持ち運べます。
お布団の引越しで大変な理由の1つが「持ち運びづらい」ところ。よりコンパクトに引越すならば、圧縮袋を使うといいですよ。今では100円ショップでも販売されていますので、オトクに使えます。

ただし、圧縮されただけで「重さ」が変わらないため注意が必要です。運びやすいからと何枚もの布団をまとめてしまうと、重たすぎて運べないことになりまねません。また羽毛布団は基本圧縮袋はNGです。圧縮することで羽毛が布団布を傷付ける恐れがあったり、空気を抜くため出しても元に戻らないことがあるためです。

「ダンボール」梱包はいいの?

お布団をダンボールに入れるのはNGです。
手軽さからダンボールに入れてお布団を運ぶ方がいらっしゃいますが、これは衛生上かなりよくありません。もちろんサイズも合わないため、ダンボール1つに布団1つになることもあり、余計に荷物が増える結果になります。

それ以上に気になるのが「湿気」です。ダンボールは通気性が悪い素材のため、お布団を入れるとみっちりと詰め込んで風の通り道が全くない状態を作ってしまいます。これだど湿気で布団がカビやすく、特に雨の日ならばより湿度もあがって危険度が増します。そのためダンボールでの引越しはNGなのです。

梱包しよう!気をつけるべきコツは?

2組入る布団袋に使える!入れる順番

少しでもコンパクトになるよう、敷き布団→掛け布団→敷き布団の順番で入れましょう。
圧縮せず、2組のお布団を袋に入れるとかなりの厚みになります。ニトリの2組入る布団袋を見てみると、

サイズ(約): 巾100×奥行65×高さ50cm
引用:ニトリ「ハンドル付き布団袋(Nモカ)」

2組の布団を入れるとかなりパンパンになるため、重くかさばるものを運ばなければなりません。袋に順番を変えるだけで少しではありますが高さが低くなり、持ち運びもしやすくなりますよ。羽毛布団ですと圧力をかけてしまうため避けたいですが、そうでないときはおすすめです。

汚れたらダメ!しっかりと梱包しよう

すき間がないかしっかりと確認して汚れないように梱包しましょう。
布団は荷物の中でも特に衛生面に気をつけなければならないものです。そのため床に置いても大丈夫か、外からの雨や雪は入りこまないかをしっかりと確認して梱包しましょう。

どうしても若干のすき間が空いてしまう場合は、ビニール袋を使ってすき間を埋めましょう。ただ全体にかけてしまうと密封して湿度が上がるため、すき間を埋める程度に使うのがおすすめです。

持ち運びが大変!ならば1枚ずつ

自分で持ち運べる重さを確認して、無理をせず1枚ずつ運んでもいいですよ。
1組や2組分のお布団を入れる袋は多いですが、幅も広くさらに結構な重さがあるため、女性なら1人で運ぶのは難しいと感じます。

敷き布団 軽量敷布団 2.8kg ボリューム敷布団 5.03kg
掛け布団 羽毛布団 1.69kg わた布団 1.9kg

引用:ニトリ「敷き布団・掛ふとん」

軽いものだけで組み合わせても1組の布団は4.5kgほどの重さがあります。2組でも10kgのお米程度なので大したことない!と感じますが、1m近い幅があるため視界も悪くバランスも取りづらいです。そのため梱包したはいいが運べないことが起こってしまいます。特に女性が運ぶ可能性があるなら、面倒でも1組づつ、または布団1つ1つ運ぶと手間はかかりますがスムーズに作業できます。

運搬しやすく最後はロープも使って

布団袋に取っ手などがない場合は、持ち運びやすいようにロープで縛ってしまいましょう。
取っ手がついてる場合は無理に行う必要はありません。せっかくの布団に圧力をかけてしまいます。しかし取っ手がない場合、特に2組以上の重たい布団を運ぶなら取っ手がないと1人での運搬はかなり大変です。そのため運搬する直前に2箇所ほどロープで縛り、手をひっかけられる場所を作ると1人で運搬も可能になります。

ついに荷台にのせて移動しよう!

布団の間に「ワレモノ」はNG

割れづらいからと布団の間に「ワレモノ」を入れるのはやめましょう。
高価な絵画や陶器などを布団の間に忍ばせて引越しをする方が多くいらっしゃいますが、これはかなり危険です。自分で引越しするときも、業者に依頼をするときもどちらでも、これはやめましょう。

  1. 布団は緩衝材ではないため、加わった衝撃はそのままワレモノにも与えられます。
  2. 万が一割れた場合、布団に破片が残り、布団まで処分しなければなりません。

衛生的に絵画などを布団と一緒にするのも考えものですが、これらの理由からワレモノはいれてはいけないのです。高価な絵画などはしっかりと梱包して自分たちの手で運び、布団は布団だけで運びましょう。

できればテレビや冷蔵庫などの家電の横に置いて

テレビなどの横に置くことで移動中の揺れの緩衝材にできます。
トラックの荷台に乗せる場合、布団袋はできるだけテレビや冷蔵庫の横におきましょう。家電は揺れに対しての耐性が弱く、倒れたり・部品が外れたりしやすいです。そのため横に柔らかな布団袋を置いておけば、万が一倒れた場合に破損しにくくなります。

次にこちらの自分で引越しに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら