引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、「新築に引越して大変だったことは?事前に何をしておくべき?」と困っていませんか?

  • 準備を忘れて引越し当日に困ったことは?
  • 引越し当日に慌てないためにはどうすればいい?

これらの悩みを元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

準備を忘れて引越し当日に困ったことは?

引越しが決まると様々な準備が必要ですが、やることが多すぎてつい肝心なことを忘れてしまいます。特に「忘れてしまって困った!」という声が多いのが以下の準備です。

  • 新居の家具レイアウトを考えていなかった!
  • 家具に傷防止のフェルトやマットを貼っていない!
  • 照明とカーテンを忘れていた!
  • 冷蔵庫が冷えていない!

新居の家具レイアウトを考えていなかった!

引越しのトラックが新居に到着してから「あれ?この家具はどこに置く?」とその場で相談し始める方がいます。しかしこれでは引越し作業がなかなか進まず、終了時刻が予定よりかなり遅れてしまいます。

引越し業者としても、どの家具をどこの部屋に置くか素早く指示をしてもらえると助かります。大きな家具を運び込んでしまえば、あとはそれほど大変ではないので、まずここから作業を終わらせたいと思っています。

また、引越し当日に家具のレイアウトを考えていると「このスペースが狭すぎて家具が入らない!」というトラブルに見舞われます。こうなるとまたレイアウトを考え直さないといけないので、ますます時間がかかるのです。

新築へ引越しする場合は、引渡しの際に部屋と家具の寸法を測り、各部屋のレイアウトを紙に書いておきましょう。レイアウトを引越し業者に渡すことができれば、引越しがスムーズにはかどります。

家具に傷防止のフェルトや転倒防止のジェルマットを貼っていない!

本棚や食器棚などの大型家具は地震で転倒する危険性があるので、引越しで設置する際に底面に転倒防止のジェルマットを貼っておく必要があります。しかし引越し当日にジェルマットを用意しておかないと、後日自分で大きな家具を動かさなければならないのでとても大変です。

引越し当日にジェルマットがあれば、引越し業者が家具を設置する際に底面にジェルマットを貼ってもらうことができます。家具は簡単に動かせませんから、引越し当日にジェルマットを貼らないと後でとんでもなく大変な作業をしなければなりません。

また、傷をつけたくない場所に置く家具の底面には傷防止のフェルトを貼っておくと良いのですが、これも引越し当日に貼り付けてしまうのが一番です。大切な新居にはできるだけ傷をつけたくありませんので、忘れずに用意しておいたほうが良いでしょう。

照明とカーテンを忘れていた!

引越しの当日に忘れていた事に気づくととても慌ててしまうのが照明とカーテンです。照明がなければ夜は真っ暗ですし、カーテンがなければ外から家の中が丸見えです。

照明とカーテンはハウスメーカーに取付けを依頼できますが、割高なので自分で取り付けようと考える方が多いものです。しかし、引越し準備でバタバタしてしまうとつい忘れてしまうので注意しましょう。

外部の業者に取付けを依頼する場合は、新築住宅の引渡しを受けてから引越しまでの期間に作業をしてもらうと良いでしょう。

自分で取り付ける場合も、引越しの日より前に一度新居に赴いて取り付けをしてしまうと後が楽になります。照明やカーテンがないだけでとても不便な時間を過ごさなければなりませんので、早めに手配をしておきましょう。

冷蔵庫が冷えていない!

引越し当日から使う必要があるのが冷蔵庫です。新居に冷蔵庫が運び込まれたら、すぐに電源コンセントを入れましょう。これを忘れて引越し作業に没頭すると、冷蔵庫を使おうと思った時に冷えていなくてとても困ってしまいます。

冷蔵庫は一旦電源コンセントを抜いてしまうと庫内の温度が室温と同じくらいまで上がってしまいます。この状態から通常の冷蔵庫の温度まで冷やすのには最低でも6時間以上かかります。夜に電気コンセントを入れれば、翌朝まで使えないことになります。

冷蔵庫が冷えていなければ、冷たい飲み物やその日の夜の夕食の食材を入れることができません。引越し作業で疲れたら、美味しいものを食べて疲れを癒したいですよね。その為にもまずは電源コンセントを入れることを忘れないでください。

引越し当日に慌てないためにはどうすればいい?

引越し当日に「あ!忘れてた!」と慌ててしまうことはこの他にもまだまだあります。このようなトラブルを招かないためには、「事前に準備すべきことリスト」を作っておくのがお勧めです。

インターネットで「引越し 準備」と検索してみると、事前にどんなことをしておくと良いのかについて様々な情報が出てきます。これを参考にして、自分に必要な事前準備をリストにしてみましょう。

事前にやっておくべきことは家の中のことだけではなく、役所、学校、銀行、などの手続きも含まれます。どれも忘れてしまうと後で慌ててしまうので、カテゴリーに分けてリストを作っておくと良いでしょう。

引越し当日に慌ててしまうと大変!早めの準備が大切

引越し当日はとにかく朝から忙しく、あれもこれも考えて動かなければいけないので頭の中が混乱してしまいます。そんな状態で「忘れた!」と慌ててしまえば、さらにパニックに陥るので注意しましょう。

すべてを完璧に準備するのは難しいですが、これだけはやっておかないと困るという必要最低限のことだけに絞って準備することはできるはずです。

大きなトラブルもなく引越し当日が無事に終わると「あ~、よかった~」と心底安心することができます。新築の新居を引越し当日から満喫するためにも、事前準備をしっかり行っておきましょう。

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら