引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、あなたは仏滅に引越しを予定して、不安になっていませんか?

  • 「お祖母ちゃんに、仏滅は縁起が悪いといわれ、辞めたら?」といわれている。
  • 「仏滅に引越しをしても、縁起が悪くない方法を知りたい」
  • 「そもそも、みんな、仏滅を気にしているの?私は何も気にしていなかったけど・・・」

これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、すべて解決します!


仏滅の引越し日を変更することができない・・なにか縁起がよい方法はないの?

一般的に、仏滅は縁起が悪いといわれ、引越し日に好ましくない、と言われます。

そんな仏滅の引越しにも関わらず、縁起をよくする方法を二つ紹介します。

①前日に少量の引越し物を運ぶ

スプーンや箸、置時計など、ほんとうに小さなもので大丈夫です。
引越し予定日の仏滅より、前の日にちに運んでおきます。

そうすれば、引越しを実施したのは別の日です。
仏滅ではないので、縁起が悪い日取りではありません。

②引越し予定日前に新居へ行くことができない・・そんな時は、お清めやお祓いをお願いする

ご自分の宗派へ、仏滅に引越しをする旨を話し、お清めやお祓いをしてもらう、というのも一つの方法です。

宗派がない方は、最寄りの神社へ依頼をすれば心よく引き受けてくれます。

どのような内容が適切かは、対応する場所で、方法も料金も異なるので確認してください。

神社やお寺に電話をすれば、丁寧に教えてくれます。

ちなみに、 方逢神社のホームページをのぞいてみました。

http://www.hochigai-jinja.or.jp/qa.html

ご祈祷(きとう)とは、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事 のようです。

【質問】 新しく家を建てるのですが、ご祈祷(きとう)の時に用意する物はありますか?

【回答】新築のご祈祷ですね。ご祈祷の際に必要なものは特にありませんが、現在住んでいる住所・そこから見た建築先の方角・建築先の住所をご存知の範囲でお答え下さい。
ご祈祷の後で清め砂・土地の中央に埋める鎮物・棟上げの御札等を授与致します。これらは本来、地鎮祭の際に神社から施工の方へお渡ししますが、中には地鎮祭をしない方もおられますので、当神社ではご祈祷のおさがりとしてお渡ししています。鎮物の埋納、御札の棟木への取り付けは工務店の方にお願いして下さい。

このようにあたなの状況にピッタリな対処方法を教えてくれるはずです。

そもそも引越しを依頼する人は、仏滅を気にしているの?

20代や30代、40代のほとんどお客様が、仏滅や大安など六曜を気にしていません。

稀に、年齢が50歳以上の方の世代で気にする人がいる、という程度です。

みなさん気にしているのは料金です (笑

インターネットで他のサイトを見てみると、引越しを予定している人は、仏滅を避けることが多いので、暇で安い、とありました。

そもそも、六曜を気にしていないので、これは嘘です (笑

引越しの料金は業者が、忙しいか、暇か、が重要です。

土日祝日 は 平日より高いです。

3月から4月1週目までは、他の月より、料金は3倍です。絶対割引不可能になります。

仏滅でも土日であれば、平日より料金が高いことはよくあります。
3月から4月1週目までの仏滅も当然料金が3倍です。

料金を安くするには、仏滅を意識するより、上記の引越し業者が忙しい日を避けるよう変更するのが一番です。

次にこちらの新築に関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら