引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、あなたは引越しを予定したとき、「転居先が決まっていない状態で見積もりができるか」どうか不安になっていませんか?

  • 「見積もりって来てくれるの?」
  • 「どれくらいの情報があればいい?」

これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

転居先未定で見積もりできる?

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

転居先が未定でも見積もりは可能です!転居先以外の情報も不足していてもある程度は出せますよ。

ある程度の情報があれば見積もり可


情報ゼロだと見積もりはできませんが、ある程度の情報があれば概算の見積もりは出せます。

急な転勤など様々な事情で転居先が決まらないまま引越し準備を始める場合、業者が見積もりに来てくれるかどうか不安になりがちですよね。だからといって決まるまで待っていたら、間に合わない危険も出てきます。

転居先が未定の場合でも、引越し業者は見積もりを出してくれます。ただし情報がゼロでは見積もりを出しようがありません。最低限必要な情報が確保できたら、すぐに連絡をしましょう。

どれくらいの情報があればいいの?

転居先が未定の場合、「転居エリア」「引越し日」「荷物量」がポイントになります。

見積もりを出すならば、上述している通り、ある程度の情報は必要になります。そのポイントとなるのが

  1. 転居するエリア
  2. 引越し予定日
  3. 荷物の量

の3つです。これらの情報がどれもしっかり確定していないくても、見積もり時点での概算は出してくれます。

①転居するエリア
市町村よりも1歩詳しいエリアが分かれば見積もりが取りやすい。

例)札幌市東区・東京都渋谷区代々木など

②引越し予定日
ある程度の期間が分かれば良いですし、土日なのか平日なのかも決まっていればなお取りやすい。

例)5月下旬・6月の平日など

③荷物の量
必ず運ぶ荷物と迷っている荷物が区別できていれば分かりやすい。

例)冷蔵庫と洗濯機は買い替え予定で運ぶか未定など

さすがに「引越しすること」しか決まっていないと見積もりも出せません。しかし、上記の3つがある程度決まって入れば、ほとんどがその時点での見積もりを出してくれます。

見積もりを取る場合の注意点

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

情報が少ない状態の見積もりは注意すべき点もあります。転勤ならより確認を!

これは「仮」のため、変動もアリ


情報不足で精度の高い見積もりは難しい。未定であるほど、その後の見積もりは変動します。

上記の情報は「見積もりを取るために必要な最低限必要」な情報です。状況が確定していけば、見積もりが変動する可能性もあります。

特に変動しやすいのが、転居先の物件状況による特殊作業です。

  • 通路・玄関幅
  • エレベーターの有無

などの状況によっては、特殊作業が必要になり、別途費用がかかることもあるんです。

この場合、最初の見積もりはあくまでも「仮の見積もり」。状況次第で必要な作業も増えるため、追加費用もかかり見積もり額は変動していきます。料金の変動はある!と思っていると気持ちにも余裕ができます。

業者からのプッシュは避けられない


引越し業者はせっかくの顧客候補を逃したくないもの。見積もり後も猛プッシュしてきます。

「まずは見積もりだけ…。」と気軽に業者に依頼しても、業者は契約を取るために必死でプッシュしてきます。

情報が少ないなどは関係ありません。最低限の情報が分かっていれば、見積もりはもちろん「契約」することもできるんです。

転居先未定でも業者への見積もり依頼は慎重に!しっかりと見積もりをしてほしい業者に厳選して連絡・相談することをオススメします。相場だけ確認したいなどは、WEBの見積もりサイトを活用するといいですよ。

転勤は要注意!指定業者になるかも


転勤による引越しの場合は会社に確認を!提携業者の利用が決まっているかもしれません。

転居先が未定の状態で見積もりを取る方の多くは「転勤」が決まっている方です。その場合、会社側に提携業者がいないかをまず確認しましょう。

提携業者がいれば、会社での転勤による引越し経験はかなり多く、転居先未定な状態にも慣れています。またその1社のみの見積もりで済み、手間も少なくなります。

確認せずに業者に見積もりを依頼した場合、上記の猛プッシュをはねのける必要もあり、手間はかなりかかます。

そのため、転勤の方はまず会社に確認を行った上で行動を始めるようにしてくださいね。

転居先未定の引越し、相談だけでも早めにするのがベター!

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

いかがでしたか?

見積もりには最低限の情報が必要です。そして、それはあくまでも仮で変動の可能性があることを肝に銘じましょう。

引越し業者は色んな事例を経験しているプロです。転居先が未定でも早めに相談すれば、スムーズな引越しができますよ。

情報が未定ならまず「匿名見積もり」をすると相場感がわかりますよ!ぜひこちらの記事もチェック!

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら