引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、あなたは引越しを予定したとき「業者へのキャンセル」について不安を感じていませんか?

  • 「業者に契約しません!と言えない…」
  • 「契約したけど後でキャンセルできる?」
  • 「もう段ボールもらったけどどうすれば…」

これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

契約しない!と業者に言いたい

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

わざわざ来てくれた営業とはできれば契約したいですが、予算やサービス面で断念せざるを得ないことも多いもの。ここでは見積もり後に契約しない旨を伝える方法をご紹介します。

「訪問見積もり=契約」ではない


自宅まで来る「訪問見積もり」を依頼したからと言って、絶対に契約する必要はありません。

引越し業者が自宅まで来て見積もりをすると、
「わざわざ来てくれたから…」
という気持ちからか、その場でその業者と契約してしまう方が多いんです。

その業者がいいと感じたなら全く問題はありません。しかし、安くお得な引越しを目指すならば、複数から見積もりをもらうのが鉄則
です。そのため、見積もりしたけど契約しない業者が出てくるのは当然で、業者側も断られることは慣れっこなんです。

契約しない旨を伝えるならば、

  1. できるだけ早く
  2. はっきり・キッパリと

伝えるのがポイントなんです。そうすることで、業者からの度重なる連絡を止められますし、営業に無駄な期待を与えずにキレイに終われるんです。

それでも食い下がってくる場合は?


食い下がってきたり、どうしても言えない場合は代表電話に連絡するなどの方法があります。

営業の中にはキャンセルと言っても何度もしつこく食い下がってきたりする方もいます。また、なかなか自分からキッパリと言い出せない方もいらっしゃいますよね。そんなときは、

  1. 業者の代表電話に連絡する
  2. メールにて連絡する
  3. 引越し自体がなくなったと言う

という3つの方法が使えます。担当者以外への連絡やメールでの連絡はとても気楽に伝えられるため自分から言い出せないという方には有効な方法なんです。

しかし、①と②の場合は後に担当営業から連絡がくることもあります。一度しっかりと意志を表示しているため、対峙もしやすくなりますし、言い包められそうと感じたらマナー違反ではありますが着信拒否してもいいでしょう。

契約したけどキャンセルしたい

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

業者と契約した後に、
「より好条件の業者がみつかった!」
「本当に引越し自体なくなってしまった」
ということはよくあるんです。ここでは契約締結後のキャンセルについてご紹介します。

契約した後でもキャンセルは可能


契約後のキャンセルは当日でも可能!ただし、キャンセル料が不要なのは2日前までです。

引越し業者へのキャンセルは国土交通省が定めた「標準運送約款」定められており、

キャンセル日 キャンセル料基準
前日 料金の10%以内
当日 料金の20%以内

となっています。つまり、契約をキャンセルしてもキャンセル料が発生するのは引越しの前日と当日のみ引越し2日前より前ならキャンセル料が発生しないんです。

段ボールを受け取ってしまった場合


契約キャンセルする業者から受け取った段ボールは、返送or買い取りの対応が必要です。

無料提供といわれる「段ボール」ですが、実は見積もり料金にしっかり組み込まれているため、キャンセルする場合は段ボールを返すか、買い取る必要があります。この段ボールの存在がトラブルの元になりがちなんです。

受け取った段ボールがある場合は、これから契約する引越し業者に処分を頼んでみましょう。「他の業者がダンボールを置いていって困っている」などと言って頼めば引き受けてもらえる場合があります。

最後にまとめ

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

いかがでしたか?

引越し業者は見積もり後・契約後キャンセルされたくないですが、キャンセルが多いのも事実なんです。

ぜひキャンセル対応に怯むことなく、自分に合った業者を見つけてください!

キャンセルがいいにくい要因とも言えるのが営業のしつこさです。本当に営業ってしつこいのか?次の記事でぜひ確認してみてください!

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら