引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

突然ですが、あなたは転勤が決まったとき「引越し料金の負担」に不安を感じていませんか?

  • 「転勤引越しは会社が負担してくれるの?」
  • 「会社が負担してくれない場合もあるの?」
  • 「普通の引越しと違うところってあるの?」

これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、すべて解決します!

転勤引越しは会社負担になる?

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

転勤の引越し料金は会社が全て負担してくれるとは限らない!実は自己負担もありえるんです。

会社が負担してくれるかは会社次第


転勤による引越しの費用負担は会社負担と決まっているわけでなく会社次第なんです。

転勤による引越し費用は会社負担になるのが一般的です。

しかし、これは法令で決められたものでなく、会社が労使で協議の上、就業規則などで定めています。そのため、会社によっては100%会社負担もあれば、100%労働者負担もあります。

まずは、就業規則や転勤マニュアルなどを確認し、それでも不明な場合は総務課や上司に相談してみてください。

ちなみに、新入社員が入社のために引越しする場合は自己負担になることが多いようです。

全額会社持ち?それとも一部だけ?


一般的に引越し料金は会社負担ですが、上限があったり、一部自己負担する場合もあります。

上述した通り引越し料金を会社するかどうかは会社次第です。一般的な状況としては、引越し料金に上限が設けられていたり、オプション利用分は自己負担になることが多いです。

会社負担
  • 引越し料金
  • エアコン設置費用
  • 引越し先への交通費・宿泊費
自己負担
  • 特殊輸送に関する費用
  • オプションサービス費用

だいたいですが、このような分け方で会社負担と自己負担を分けている会社が多いです。

転勤引越し見積もりの注意点

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

転勤引越しの見積もりは、通常とはちょっと違うところがあります。

使える業者が限定される場合が多い


転勤が多い会社は提携業者がいることが多いです。提携業者がなくても制約が付くことも…。

転勤が多い会社だと引越しの流れや料金の支払いなどに慣れた提携会社がいるのが一般的です。その場合は業者を選ぶことはできません。その業者と連絡を取り合って見積もりの日時などを決めていきます。

提携がない場合も会社が制約を加えてくることが多いです。何社が決めて見積もりを取るように言ってきたり、安い業者を選ぶように多くの業者と連絡するように言ってきたりします。

こちらも引越し費用負担と合わせて就業規則などで確認しましょう。

事前の見積もり書提出が必要かも…


契約前に会社が料金確認のため、事前に見積もり書の提出を求められる場合もあります。

会社が料金を負担するため、契約前に見積もり料金を確認する必要があります。提携業者ならそれらも業者が行ってくれますが、そうでない場合は早く見積もり書をもらい提出しなければなりません。

見積もり書は訪問見積もりの際に受け取れます。そのため見積もりを後回しにしていると、提出すべき見積もり書を出せないことにもなるのです。

引越しが決まったらすぐに見積もりの予約をとり、早目に見積もり書を入手して会社と相談する方がいいですよ。

会社負担なら支払い方法を確認


どう引越し業者に料金を支払うのか会社側と業者側どちらにも確認することが重要です。

会社が負担してくれる場合、料金はどのように支払われるのか確認しておきましょう。

  • 会社から事前に代金を受け取る
  • 一旦自己負担をしてから受け取る
  • 請求書で会社から直接支払う

などがあります。どのような支払い方法を取るのか会社側に確認し、請求書払いなら引越し業者が対応できるのかなども確認する必要があります。

最後にまとめ

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

いかがですか?

転勤は仕事も環境も変わり大変です。会社がある程度負担してくれるとはいえ、その調整にも手間がかかります。

会社と連携を取りながら、スムーズに引越しを進めてください!

次にこちらの引越し見積もりに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら