引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ


突然ですが、あなたは引越しの見積もり書の見方について疑問や不安を持っていませんか?

  • 「細かすぎて何書いているか分からない」
  • 「どこに注意して見ていけばいいの?」
  • 「トラブルになることってあるのかな?」

これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

見積もり書はとても重要なもの

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

見積もり書は「契約書」ではありません。しかし、引越し作業には欠かせない重要なものなんです。

見積もり書はしっかり確認しよう


「見積もり書」は引越し作業の指針になるもの!相違が無いようしっかり確認すべきです。

業者が訪問見積もりに来ると、必ず渡されるのが「見積もり書」です。ここには訪問見積もりで確認した内容の全てが詰め込まれており、当日どのような引越しをするのか作業内容や引越し料金の指針になるものです。

しかし、見積もり書を作るのはプロとはいえ人間です。記入漏れがあったり、説明し忘れていたりすることも残念ながらあるものです。当日のトラブル回避のために自分で見積もり書を読んで確認をしておきましょう。

確認すべき「5つのポイント」

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

全てを確認するのはできればいいが現実難しい…。そこで特に気を付けたい5箇所を解説します!

【見積もり書のサンプル】

出典:引越し侍

1.「見積もり書」or「契約書」

書類の一番上に書いている名称が「見積もり書」なのか「契約書」なのか確認しましょう。

訪問見積もり時に業者が渡してくる書類は「見積もり書」ですが、実は「見積もり書 兼 契約書」となっている場合もあり、それにサインをしてしまうとその場で契約を結んだことになってしまいます。

即決する場合は問題ありませんが、比較検討したい段階なら受け取った書類が「見積もり書」なのか確認してください。

2.「作業日時」と「住所」を確認

次は、「引越し作業日時」と「新居の住所・積み下ろし場所」について確認をします。

担当者と決めた「引越し日時」や「新居の住所」に間違いがないかをチェックします。荷物が新居以外に運ばれる場合(例えばトランクルームなど)はその旨もしっかりと記載されているか確認しましょう。

引越し荷物が当日・翌日には届かない長距離引越しの場合は、作業日時だけでなく荷物が届く日も確認しておくといいですよ。

3.トラックサイズ・作業人数を確認

引越し料金を決める重要な要素「トラックサイズ」と「作業人数」も確認をしましょう。

ここはただ見るだけでは正確なのか否か分からないため、担当営業からしっかりと説明を受け、少しでも疑問に思ったら突っ込んで相談をしましょう。

また、見積もり書に「積み切り」と記載されていれば注意です。これはトラックに積める分だけしか運ばないという意味。積みきれない場合は追加料金を払うか、自分で運ばなければならないのです。事前にそのような話がない場合は説明を求め、必要ならば対応の変更をお願いしましょう。

4.オプションサービスの内容を確認

依頼したオプションは記載しているか、無駄なオプションが付いていないか確認しましょう。

オプションサービスといえば、

  • 不要品の回収・処分代行
  • エアコンなどの取り付け工事
  • 荷造り・荷解きサービス

などがあります。これらのサービスを利用する場合はこの箇所に記載する必要があります。記載がないとオプションサービスを受けられないことになりかねません。

逆に依頼してもいないオプションが追加されていれば、その分料金に上乗せされるため、削除してもらう必要があります。

5.総額の確認は最後に

2~4までに間違いがないと確認できてから、やっと「引越し料金」の確認ができます。

2~4までの情報は引越し料金に影響を与える要素です。これらが間違っていないことを確認してから、最終的な総額を確認しましょう。

また、支払い方法についても確認が必要です。最近はクレジットカード利用ができる業者が増えてきましたが、見積もり時に申告することが前提と言われます。どう支払うのかを確認しておかないと、当日十数万という現金を請求されることもありますよ。

最後にまとめ

引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

いかがでしたか?

見積もり書はフォーマットが違えど、どの業者もだいたい同じ。確認しておかないとかなり面倒なことになります。

【確認すべきポイントまとめ】

  1. 見積もり書の名称
  2. 日時と積み下ろし場所
  3. トラックと作業人数
  4. オプションサービス
  5. 最後に引越し料金総額
引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

できれば全て確認できればいいですが、見慣れない書類は確認するだけで大変です。

少なくてもこの5ポイントはしっかり抑えて確認をしてください!

次にこちらの引越し見積もりに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら