引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ


突然ですが、あなたは

  • 訪問見積もりで複数の業者が【同時でもOK?】大丈夫?か悩んでいませんか?

安心してください!これらの悩みを、元引越し業者のへのへのもへじが、すべて解決します!


複数社へ引越し訪問見積もりを依頼したけど同時でもいいの?

結論をいうと同時でもOKです。
他サイトで絶対NG・マナー違反など見かけましたが嘘です。
引越し会社へは、急な転勤で時間がとれない、仕事が忙しくてこの時間しか割けない、とそんな事情を嘘でも本当でもいいので伝えれば、なんら問題ありません。

引越し会社はとにかく仕事がほしいのです。繁忙期の3月と4月は単価が高く、口うるさくない上客がほしいので別ですが、この不景気ですからどの業者も仕事をなんとしてでもほしいのです。同時見積もりがイヤだとかそんなこと言っている場合じゃありません。

とはいえ1社1社訪問見積もりを聞くことが双方にとって一番いいのはいうまでもありません。

だからこそ同時に訪問見積もりをすることによるメリットとデメリットを知ることで、あなたにとって、単独訪問見積もりと、同時訪問見積もり、どちらがいいか比較検討してください

そもそも訪問見積もりは何分くらいかかるの?営業マンしつこくないの?

訪問見積もりの時間は、およそ30分~1時間が目安になります。

部屋の中の家財の確認、屋外の車庫などにあるタイヤや自転車などの荷物の量の確認で30分、その後営業マンがパンフレット使いながら会社のサービス内容や強みを紹介する時間が30分前後です。

はっきりいうと営業マンはしつこい人が多いです。

みんな必至なんです。どの会社も歩合給の割合が大きいですし、上司からも契約をとってこなければガッツリ嫌味をいわれます。
仕事がとれなければ引越し業者にとって死活問題ですから。

どうやってスムーズ断ればいいかは、こちらの記事を参考にしてください。
訪問見積もりは最初の1社で決まる確率が私の体感ベースで8割近くあります。多くても2社目3社目で、お役さんは決めてしまうのです。1社あたり60分近くかかるので、単純にお客さんは話を聞くのが面倒になるからです。

でも基本的に訪問が最後になればなる程、安くなる傾向があるので、安くしたいなら1社目で決めるのは厳禁となります。

同時に訪問見積もりをするメリット

時間を大幅に短縮できるのが最大のメリットです。

たとえば6社×1時間=6時間も時間割きたくないですよね?同時にすれば1時間で済みます。

とはいえ注意点があります。
3社程度ならまだしも5社6社同時になると、お客さん側にとっては、営業マンが多すぎて一杯いっぱいになります(笑

まず個別に話なんてきけないですよね。
また営業側からも「なんだよ6社もいて、これじゃやる気ならんわ」と思われるものです(サカイとアリさんはグイグイ仕事を取りにくると思いますが(笑。

そこで6社同時にしながらも、営業マンのやる気を引き出す作戦が必要になります!

第一に上から目線は絶対厳禁です。想像してください。6人も営業マンがいるとお客様がまるで将軍のように見えますよね?

営業がきたら「本当にすみません。今日は同時の訪問見積もりになってしまい恐縮です」と一言伝えながら、申し訳ない気持ちを前面にだします。

営業側に「なんかコイツいい客じゃないか」と思わせるのです。その上で全社見積もりとパンフレットをもらった後に一言伝えます「申し訳ございません。ここでは皆様お話ししづらいと思いますので、電話でいろいろとお話しさせてください」と。
営業マンに仕事を取れる隙を与えるわけです。

1社1社話をしていけば感覚的にやる気がわかります。この会社やる気ないな、と思えば長電話する必要ないでしょう。やる気があれば長めに話しましょう。
この時も、一番期待ができる、引越しをお願いしたい業者を最後に電話連絡します。
そして、「どこどこは何円だけど、是非、まわりの友達も評判いいっていっているし、○○さんの対応もよかったので本当はお願いしたいんですよね。ちょっとでも安くなれば(祈り)」
絶対上から目線はダメです。営業マンやその上司だって人間です。いい客にはがんばってギリギリまで安くしたくなります。悪くいえばいい客のように見せなきゃうまい交渉はできませんから。

これで安い価格の見積もりの提示を期待しましょう。

同時に訪問見積もりをするデメリット

先ほどチラッと話しましたが6社もくるとさすがに対応するのがしんどい(笑
私は引越し会社を辞めた後、自分が引越しをする時に6社同時やりましたがw

4社程度にして、こちらが指定した時間にこれない業者にお断りをいれるか、
3社×3社の2回訪問見積もりの時間を設けてもいいかもしれません。

もちろん1社1社詳しく話を聞いたほうが詳しく内容をきけますし、破損についての保証内容や、オプションサービスについても聞けるので、特に引越しに慣れていない方は、聞いたほうがいいにきまっています。
その分、しつこい営業マンのトークにつきあわなければいけませんが・・・・

結局どうしたらいいの?

時間がないなら同時見積もりも有り!

その上で、

  • 安くしたいならすべての会社の訪問見積もりをうけるまで決定しないこと
  • お願いしたい本命の会社を最後にすること

が重要になります。

次にこちらの引越し見積もりに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら