引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

最近では主要都市に20階以上のタワーマンションが多く建設されています。
景色が綺麗な高層階に一度は住んでみたいものです。
そこでタワーマンション
への引越しは通常の引越しと何が違うのか?お伝えします!


申請書を出さないといけない!

 


殆どのタワーマンションは荷物を入れる搬入の際に申請書という物が必要です。
「○月○日の○時~○時までに搬入」などを書いて提出するものです。
この際に注意しなければいけない事は建物の都合で作業終了時間に制限がある事です。
建物の規定でこの時間までに作業が終了してないと搬入ができない!なんて事もあります。
階数によって別途セキリュティーなどが入っている場合もありますので確認をしましょう。
申請書はお引越し前に建物の防災センターに提出しなければいけません。
会社名、担当者名、携帯電話番号など当日作業する引越業者の詳細も必要となります。

ゴミ収集時間は搬入出来ない?!

タワーマンションは多くの人が住んでいますので、建物自体のゴミ収集も大変な事です。
建物によって若干の違いはありますが、大体の建物は午前中にゴミ収集車がきて作業をします。
このゴミ収集時間にトラックが入れない事もありますので、希望の引越し開始時間に引越作業を終わらせれないかもしれません、必ず確認をしましょう。

タワーマンションへの引越しは引越業者から嫌がられる?!

実はタワーマンションへの引越しは引越業者からすれば何かと面倒な案件なんです…
高級マンションなので作業員さんが建物に傷を付けないか、居住者に迷惑が掛からないかを管理人さんが常にチェックしています。
作業員さんは監視されながら作業をしているのです…管理人さんによっては嫌な感じなんです…本当に(汗)
では具体的に引越業者が嫌がる主な理由をみてみましょう。

理由①:建物の傷チェックが厳しいので作業前に建物の保護(養生:ようじょう)をしなければいけない!

作業員さんが養生をした後に全ての箇所を確認する管理人さんもいらっしゃいます。←これで1時間かかる事も…

理由②:搬入作業時にエレベーターが来ない!

タワーマンションは多くの人が住んでいますのでボタンを押してもエレベーターがなかなか来ない事があります。
引越業者は住んでいる方を優先しなければいけないので人が入っているエレベーターに荷物を乗せません。
タイミングが合わないと非常に時間が掛ります。

理由③:建物が広いので建物内の運搬距離が長い!

1フロアーで30世帯以上が住まれているタワーマンションも少なくありません。
エントランスから玄関まで100m以上ある事が…
時間を掛けて養生して、エレベーターが来なくて、運搬距離も長い、とにかく時間がかかって…面倒なんです—(ギャー)

料金はやっぱり高いの?!

引越し代金は基本的に時間が掛れば掛るほど料金が高額になっていきます。
養生やエレベーターなどの様々な要素で時間がかかる可能性が出てきますので、タワーマンションへの引越しは通常の引越しよりも10%~20%程高くなるでしょう。

まとめ

タワーマンションへの引越しは管理人さんと既に住まれている居住者の方への配慮も大切な事です。
養生や引越業者としてのエレベーターの使い方など柔軟に対応できない引越業者では問題になる事が多々あります。
これから住む訳ですから少し高額なったとしても経験豊富な大手に依頼をした方が良いと言えるでしょう。

次にこちらの引越し知識に関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら