引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

荷物が少ないので自分で引越しをやる方や宅急便などを使って引越しをしたい時にベッドはなにかと不便な事があります。
大きな家具ですし、分解組立も必要だったりして1人では出来ない作業もあります。
どの様な問題が起きるのか!調べてみました!


一番困る分解組立作業

お客様自身で引越しをする際に最も困る事は面倒なロフトベッド、イケヤのベッド、跳ね上げ式ベッドなどの分解組立作業ではないでしょうか?
最近は安価でデザイン性が良いベッドが流行っていますので、説明書はあるけど出来ない…分解はできたけど組立が出来ない…など様々な問題が出てきます。
イケヤで購入したベッドで引越し先の近くにイケヤがある場合は出張で組立をしてくれるサービス(有料)もありますので問い合わせてみて下さい。
イケヤがない場合やイケヤ以外の製品の場合は自身で組立をするか、費用を掛けて専門業者に頼むしかないです。

引越し業者に頼んだ場合

ベッドの分解組立は引越し業者でも一つの悩みだったりします。
経験がないと分解組立ができないですし、経験があっても分解組立に時間が掛ったりするからです。
分解組立専門のスタッフがいる引越し業者もおりますが、専門スタッフに来てもらうともちろん費用が掛ります。
荷物が少ないの場合は引越し代金よりも分解組立費の方が高額になる事もあったりします。
因みに費用を抑える為に自身で分解をした物は組立をしてもらえないなんて事もありますので注意が必要です。

ベッドの運搬は宅急便に頼めるの?!

荷物がダンボール、小さな箪笥、シングルベッドなどの場合は引越し業者に頼まなくても宅急便などで運搬した方が安いのではないか?!と思う人は多いと思います。
但し、ここでもベッドはくせ者で、通常サイズのベッドマットは宅急便のサイズではサイズオーバーで発送できないのです。
宅配業者に依頼するのであれば家財便の扱いになりますので数万円掛ります。

面倒なベッドは処分が一番?!

ベッドは面倒な物だから処分しよう!と思う方は多いかもしれませんが、ベッドマットがない物であれば安いのですが、ベッドマットがある場合、地域によって多少の誤差はあるにしても高額な処分料金がかかる事が多くあります。
役所の粗大ゴミ料金が高ければ引越し業者の処分料金はさらい高い場合が殆どです。

ではどうすれば一番良いのか?!

最近では程度の良いベッドであれば買取、無料回収してくれる引越し業者、リサイクル業者などもいますので、色々と調べてみて少しでも費用が掛からないで引越しをする事をお勧めします。
また、引越し予定がある方でベッド購入を検討されている場合は引越しした後に購入をお勧めします。

次にこちらの家具家電引越しに関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら