引越し業界6年!へのへのもへじ引越し業界6年!へのへのもへじ

日本通運と言えば、「引越しは、日通~」というCMでもおなじみですね。引越し業者としての認知ももちろんありますが、引越しだけではなく、輸送事業全般を扱っている企業というイメージが大きいかもしれません。

ここでは、日本通運の引越し事業について、その特徴やサービスなどを詳しくまとめていきます。引越しを検討している方は是非参考にしてみてください。


日通(日本通運)とは?

日本通運株式会社は1937年10月に設立、元々は国営会社でしたが、戦後、時代の流れを汲んで民間企業として生まれ変わりました。東証一部上場企業で本社は東京都港区。社員数は約32,000人と非常に規模の大きい会社です。

引越し事業の他にも、あらゆる物流事業を行っており、警備輸送や美術品の輸送など、特殊な輸送も扱っています。過去には有名な「ミロのヴィーナス」や「モナ・リザ」を運んだこともあるようですね。また、以前は「ペリカン便」という宅配サービスも有名でしたが、現在は撤退しています。

2015年には、引越安心マークを取得。引越優良事業者として認められています。

引越しは日通公式サイトはこちら

日通(日本通運)の特徴は?

ここからは、日通の引越し事業の特徴について見ていきましょう。

実際に日通を利用した人の口コミを参考に、皆さんが気になる「費用」「サービス」と、「その他の特徴」の3つのカテゴリで、紹介していきます。口コミについては、一括見積もりサイトの「引越し侍」から引用しています。他にも多くの口コミが載っているのと、各引越し業者の相場価格など、さらに詳しい情報もまとまっているので、興味がある方は是非下記リンクから覗いてみてください。

 

引越し侍公式サイト

費用は?

最初の見積もりでエルパック、エスパックの2つのパックの料金が必要話しになっていましたが、エルパック1つでいけるように荷物の量などの適切なアドバイスあり、エルパック1つの料金で引越が出来ました。

出典:引越し侍公式サイト

 

見積もり請求をさせていただいた後も、納得がいくまで親身になって対応をしていただき、誠意が感じられました。

出典:引越し侍公式サイト

 

今回、単身パックでお願いしました。事前に単身パックに入り切らないだろうという、荷物の数になってしまい、追加料金を覚悟していましたが、なんとか単身パックに荷物を納めていただき追加料金なしで引越しすることができました。

出典:引越し侍公式サイト

引越し業者は通常、余裕を持ったプランを提案してくるもの、と思われがちですが、日通は、何とか安いプランに収められるようにアドバイスをしてくれる担当が多いようです。できるだけ安く引越しをしたい方は、相談してみると良いかもしれませんね。

見積もりについても、誠意を持って価格交渉に応じてくれるケースが多く、さすが大手企業、との声も多かったです。ちなみに、見積もりを取る際は、日通単体で取るより、一括見積もりサイトで他の引越し業者と一緒に見積もりを取る方が断然お得です。他の企業との競争が生じるため、単体で取るより最初の見積もりから安くなる可能性が高いです。先ほど紹介した引越し侍はおすすめのサイトです。是非チェックしてみてください。

サービスは?

一人の引っ越しの割には荷物が多く心配であったが、作業員も事前には二名との事でしたが三名来て頂き時間通りの引っ越しができました。

出典:引越し侍公式サイト

 

引越当日は予定より多くの人員を動員していただき、家具の裏の汚れを拭いていただいたり、まとまりのつかない小さな荷物をその場で箱詰めしてくれてり、こちらが恐縮しても、大丈夫ですよー。と笑顔で返していただいたりして本当にありがたかったです!!

出典:引越し侍公式サイト

 

6名と聞いていたので2人増えていて作業能率アップで良かった。

出典:引越し侍公式サイト

引越し侍の口コミで多かったのが、「予定よりスタッフの人数が多かった」というもの。これは他の引越し業者ではあまり見られなかった特徴と言っても良いかもしれません。スタッフの人数が増えると、1人当たりの負担が減り、作業も丁寧になる上に、時間はかなり短縮されますよね。引越す側としては非常にありがたいサプライズです。

ただし、どの場合もスタッフの人数が増えるとは限りませんので、あくまで口コミは参考程度で。まずは日通としっかり当日の人数を確認し、増えたらラッキーくらいで考えていた方が良いかもしれませんね。

 その他特徴は?

当日すぐに不要となったダンボールを引き取ってもらえました。

出典:引越し侍公式サイト

 

箱詰めしていなかった小物をわかりやすく箱詰めしてくれた。段ボールの回収がスムーズ。

出典:引越し侍公式サイト

ダンボールの引き取りが早かった、という意見も多いです。引越し後、せっかく部屋をキレイに整頓し終わっても、大量のダンボールがずっと残っていると気になりますよね。一日も早く、新居でまっさらな気持ちで生活を送るために、ダンボールの回収は早めが良いものです。

日通(日本通運)の主な引越しプラン紹介

ここからは、日通の引越しプランを細かく見ていきましょう。日通の引越しプランはとてもシンプル。「家族のお引越し」「単身のお引越し」の2つのプランがメインで、その中にそれぞれ条件に合わせた3つの選択肢が用意されています。その他、キャンペーンやお得な情報などもありますので、そちらについても触れていきますね。

料金に関しては荷物量、荷物の内容、移動距離など、様々な条件が組み合わさり決定されるものなので、公式サイトでの表示はありません。気になる方はまずは無料の見積もりを依頼し、料金確認をしてみるのが良いでしょう。その際、先ほどお話した一括見積もりサイトを是非活用してみてくださいね。

家族のお引越し

荷物が多い家族でのお引越しなどに対応したプランです。独自開発の「えころじこんぽ」という、繰り返し使える資材のレンタルがあり、エコでお得に引越しができます。シューズボックス、ハンガーボックス、食器トランクなど様々な資材を揃えており、そこに収納するだけで梱包完了となるので、梱包作業の時間短縮にもなりますね。ただしこちらは近距離引越し限定。同日発着の引越しのみ利用可能で、荷ほどき後はすぐに回収となりますので注意が必要です。

その他、家族のお引越しには、ダンボールなどの梱包資材のお届け、回収や、養生も含まれています。

セルフプラン

荷造り、荷ほどきは自分で行うのがセルフプランです。大きな家具、家電などは日通の方で扱ってくれます。この後紹介するハーフプラン、フルプランに比べ、料金は安くなりますよ。できるだけ費用を抑えたい、自分のものは自分でわかるように梱包したい、という方にはおすすめのプランです。

 

ハーフプラン

荷造りは日通で行い、荷ほどきのみ自分で行うプランです。引越し前はバタバタして時間に余裕がない、という方にはおすすめのプランです。引越し後は日通のスタッフが帰った後、自分のペースでゆっくり整理ができるのも良いですね。もちろん、家具や家電などは日通にお任せ。ある程度の配置も指示通りにやってもらえます。

 

フルプラン

荷造りから荷ほどきまで全て日通のスタッフが行うプランです。慣れたスタッフが慣れた梱包資材を使って荷造り、荷ほどきをするので、自分達でやるよりかなり時間が短縮されます。引越し前後で時間に余裕がない方、高齢、妊娠などの理由で身体が思うように動かない方などにおすすめです。

かなり楽に引越しができますが、当然セルフプラン、ハーフプランより料金は高めになります。

単身のお引越し

単身のお引越しのプランでは、家財道具が規定の範囲内であれば用意されたパック料金のみで引越し可能な場合があり、わかりやすいです。しかもWEBで予約が完結、訪問見積もりは不要です。転勤などでの急な引越し、忙しい中での引越しにはとても助かるプランです。

ただし、単身のお引越しでも一定の量を超えた家財道具がある場合は、訪問見積もりが必要、場合によっては別のプランでの引越しになる可能性もありますので、注意が必要です。

 

単身パック当日便

車で30分前後の引越し距離で、作業が4時間以内で終わるのが目安のパックです。1R~2DKの広さが目安で単身であることが条件となります。荷造り、荷ほどきは自分で行い、間の運搬や家具の設置などは日通スタッフが行います。また、こちらのプランはダンボール10個、テープ1個、ふとん袋1つ、ハンガーボックスの無料レンタル4個がついており、資材を別で用意する必要がなく安心ですね。また、引越し後1回だけ資材の回収にも来てもらえます。

こちらのパックは、日程、地域などによって料金が異なってくるため、見積もりで料金を確認する必要があります。

 

単身パックS・L

こちらは、荷物の量に合わせた専用BOXがあり、そこに収まる量であれば決まった料金で引越しができます。「WEB割引」、BOXを2つ以上使って引越ししたい場合の「複数BOX割引」、「エリア割引」など割引も充実。うまく組み合わせてお得な引越しプランを立てられますよ。

「単身パックS」は一番コンパクトなプラン。最低料金15,000円からで、移動距離や日程によって変わってきます。専用BOXの大きさは横幅108cm、奥行74cm、高さ155cm。積むことができる荷物の目安は下記表を確認ください。

荷物内容 大きさ・量の目安
冷蔵庫  2ドア・100リットル
 薄型テレビ  20インチ
 テレビ台  小
 電子レンジ
 掃除機
カラーボックス 3段
姿見
布団
日通ダンボールMサイズ 517mm×343mm×343mm×4個

引越しは日通公式サイトより

「単身パックL」はSより荷物が多い方向けのプランです。最低料金16,000円からで、こちらも移動距離、日程によって料金は変わってきます。専用BOXの大きさは横幅108cm、奥行104cm、高さ175cm。積むことができる荷物の目安は下記表を確認ください。

荷物内容 大きさ・量の目安
冷蔵庫  2ドア・190リットル
洗濯機 4キログラム
 薄型テレビ  20インチ
 テレビ台  小
 電子レンジ
 掃除機
カラーボックス 3段
衣装ケース 39cm×53cm×23cm
姿見
布団
日通ダンボールMサイズ 517mm×343mm×343mm×5個


引越しは日通公式サイトより

上記どちらかのBOXに収まりそうな方は、まずは日通に確認してみましょう。ちょっと荷物が多めでも、工夫して収まるように調整できればかなりお得な引越しができますよ。

単身パックX

こちらは、鉄道コンテナを利用したパックです。150km目安の長距離引越しが対象のパックで、荷物のお届けは原則引取りの翌日以降となります。エリアは限られますが、鉄道輸送を利用することでエコでコストがかからない引越しが実現できますね。

荷物量の目安は、単身パックLの約3倍の容積。自転車や大きめのソファなども入る、単身パックの中でも余裕があるプランですので、荷物が多めの方にはおすすめですよ。また、最大5日間まで荷物の保管も可能なので、引越し日程を組む際に賢く活用したいですね。

こちらはエリア毎に料金が決まっており、公式サイトに一覧が掲載されているので、是非参考にしてください。

引越しは日通公式サイト(「単身パックX」取り扱いエリアと料金表のページ)

法人向けサービス

日通では、法人向けの引越しサービスも充実しています。転勤などによる、社員個人の引越しから、オフィスや病院、学校などの移転に伴う大規模な引越し、マンションの一斉入居まで幅広く取り扱いがあります。

また、先ほど少し触れましたが、美術品の梱包、設置などの実績も多く、美術館や博物館対象の輸送も安心してお願いできますよ。その他詳細は、是非一度公式サイトでチェックしてみてくださいね。

その他のお得情報!

日通で引越しをした方は1年間「日通アシスタンスサービス」というものが受けられます。これは無料で受けられる電話、WEBでのサービスで、慣れない新居で困ったことがおきた際に重宝しそうです。

例えば電話では、医療相談、法律相談など、急な病気や事故の際に相談できるサービスなど、日常生活で困ったことを相談できる体制が24時間365日整っています。新居で急な病気になってしまったら、どこに病院があるかもわからず、どうやって調べたら良いかもわからず、焦ってしまうこともあり得ますよね。そんな時にこのアシスタンスサービスを使えば、最寄りの病院を紹介してくれるので、速やかに病院へ行くことができますね。

また、WEBでも、食生活、子育て、税金や年金など、様々な生活相談のアドバイスに乗ってくれます。前から不安に思っていた、見直したいと思っていたことを、この機会に相談してみてはいかがでしょうか。

他にも、JAL、ANAのマイルやPontaポイント、楽天ポイントが貯まったり、エリア毎のキャンペーンを行っていたりと、お得な情報が沢山。一度公式サイトで詳しくチェックしてみるのがおすすめです。

「引越しは日通」公式サイト徹底調査!

それでは、最後に日通の公式サイトを詳しくチェックしていきましょう。「日通」の公式サイトは、物流全般のものになっているので、ここでは「引越しは日通」のサイトを見ていきます。

サイトの作りは、プランが「家族のお引越し」「単身のお引越し」の2種類でとてもシンプルなのもあり、ひとめ見てわかりやすくなっています。引越しが初めての方、高齢の方にもプランを探しやすいのではないでしょうか。

サイトの中央にはその時行っているキャンペーンや特典情報が大きくバナーで出ているので華やかでお得感がありますね。ちなみに2016年12月時点では、東京ディズニーリゾートの宿泊、チケットが当たるキャンペーンを実施中です。

また、日通はどのような取り組みをしているのかも「日通のこだわり」「日通が選ばれる4つの理由を知る!」という欄にまとめてありますので、是非見てみてください。

だいたいのものは、サイト上部のメニュー欄からわかりやすく見ていけるので、探したい情報がある時はここから入って見ていきましょう。

日通(日本通運)で引越ししよう!

いかがでしたか?歴史ある物流会社の日通。引越し事業でもその長い経験に基づく様々なプランやサービスがありますね。お得なキャンペーンや割引を組み合わせ、是非満足のいく引越しをしてくださいね!

次にこちらの各引越し業者特徴に関するこちらの記事もどうぞ

【人気記事】引越し料金を59%オフにした方法

→引越し料金を59%オフにした方法はこちら

おすすめ記事

【人気記事】引越しを機会にお金を増やす方法とは?

→引越しを機会にお金を増やす方法はこちら